少し冷たい春の風

アンテナのワンマンライブを観に、仙台までやってきた。

(まるでアンテナのファンブログみたいになっている)

 

ジャンクボックスはアンテナがアマチュア時代に初めてライブに出た会場らしい。今回のMCで初めて知った。それが今や5公演のツアーの会場の一つでチケットはソールドアウトだというんだから、沁みる話だ。

 

ライブが終わって会場から出る時、一人の女の子と目があい「あ。」となった。

バンドをやっていた頃、よく自分たちのライブやイベントに来てくれていた子だった。

 

ほぼ2年ぶりの再会?に、思わず懐かしくなった。彼女は進学した事や、将来就きたい仕事の事などを話してくれた。今は他県に住んでいるらしい。

 

「今、何してるんですか?」

「働いてるよ。働いてるか、ゲームしてるか、ギター弾いてるよ」

「私もう〇歳になったんですよ」

「俺なんかこないだ30になったよ」

「えーー!?うわーーー!!」

 

時が流れたんだなぁと思いつつ、フォーラス前で「じゃ、頑張ってね」「お元気で」と言い合って別れた。

そのまま仙台の家に帰り、徹夜明けだったのでそのまま寝た。

 

そして翌日(つまり今日)。朝早く起きたので家で編集作業を進めつつ、煮詰まってきたのでコンビニに散歩がてら行った。

お店のレジに、よく見かける女の子が立っていた。彼女もバンド時代にイベントによく来てくれていた子で、そこのコンビニにレジを打ってもらいつつ一言二言話すことがたまにあった。

 

目があい、「あー今日お会い出来てよかったですー」と話しかけられた。

聞けば、そのコンビニで働くのは今日が最後だそうだ。

この春進学するので、宮城を出て関東に行くとのこと。

彼女にも目指している職業があるらしい。いつかなんかの機会に一緒に仕事出来たらいいね。なんて話をして、炭酸水を一本買ってコンビニを出た。

 

朝はとても寒く雪もちらついていたのに、いつの間にかよく晴れてとてもいい天気になっていた。

帰る途中、びゅうっと強い風が吹いて、アパートのどこかの部屋から洗濯物のジーンズが目の前に飛んできた。拾って、近くのフェンスにかけてやった。

少し冷たいけど、それでも春の風だなあ。と思った。

 

自分もおそらく、あと1~2か月のうちに仙台の物件は退去することになりそうだ。

仙台には特に仕事か用事がある時だけ来ることにしようと決めたので、いずれこの街も自分にとっては「旅先の地」になるんだろう。というか、今回新幹線から降りた時にはもう、ちょっとそういう感じがした。以前住んでいた懐かしい旅先、という感覚だ。

 

この街を歩くたびに、面白いように誰か知り合いとばったり出会う。話しかけられる。

アーケードのスピーカーからお知り合いの方の歌が流れてきたり、店先に貼られたポスターや自販機の広告で見知った顔を見かけたりする。

随分と特別に楽しい思いをさせてもらったものだと思う。

 

立て続けに懐かしいことばかり起きてしまって、少しエモい気分になってしまった。

あまり長くいると居心地がよ過ぎるので、今回も早めに東京に帰って仕事の続きをしよう。

 

いややっぱり、今日くらいは夕方から国分町行って酒飲もう。

布団とスマホと頭痛と私

激しい頭痛とダルさに見舞われて、週末からまともに動けず数日間寝込んでしまった。

最近あたふたと仕事をして、ちょっと調子よく充実している感じがした矢先にこれだ。何だか気が滅入る。

 

その滅入った状態のまま、今年の3.11がやってきた。

あの震災に関しては、どんな言葉で表現するも何を感じるも全く人それぞれだ。震災に関して自分は毎年、「別に何か言わなきゃいけない、行動しなきゃいけない訳じゃないという事も踏まえたい」などといった歯切れの悪いことばかり自分への言い訳のように言ってきた。そして今年は当日にSNSなどで何を言うでもなかった。まぁ、特に言えることもないなら黙っているのが一番いいのだと思う。

毎年そうだけど、どうもこの話題に関しては何かを言葉にしたい気持ちと、それと同じくらい口を固く閉ざしたい気持ちがぶつかって気持ちが悪い。そしてSNSの様々な書き込みを眺めていると、誰もが似たような、モヤついた何かを抱えているように思えた。事が重大かつ複雑過ぎて、完全に適切な言葉など見つかる訳がない。けして言葉に出来ないモヤついた何かの周りを、言葉だけを頼りにぐるぐる回るような居心地の悪さを、タイムライン中に感じた。

黙祷をしたと報告している人も、忘れない事の大切さを説いている人も、忘れさせろと言っている人も、自分に降りかかった悲しい出来事を静かに乗り越えようとしている人も、不謹慎で露悪的な事をわざわざ言っている人も。皆それぞれのモヤモヤした何かの周りを今もぐるぐる回っているんだろうか。そんな事をぼんやり考えた。

 

今回の体調不良はかなりしつこく、そのまま布団から動けなかった。まどろみと頭痛がぐちゃぐちゃに混ざった時間が過ぎる中、脇に置いたスマホが「トゥルン」と通知音を出しニュース速報を伝えてきた。なんとまあ、ピエール瀧さんがコカインで捕まったという。

「瀧さんかあ…いやいやいや、まあまあまあ…」という実に妙な気持ちになった。大きな驚きと、それと同じくらい大きな「驚かなさ」がまともにぶつかった不思議な気持ちだ。

ともかく悲しい報せであることは間違いなかった。

 

SNSのタイムラインは今度は、瀧さん出演の映画・ドラマやゲームが今後お蔵入りとなってしまうのかどうかを盛んに議論し始めた。こうして布団の中から定点観察していると、SNSの中の人たちの話題の移り変わりは随分慌ただしい。普段自分もその一部な訳だけど。

 

瀧さんの話題について、はじめはただ点々と呟かれていただけの意見の集まりは、やがて一部の人たちの好戦的な言葉を合図に各陣営に分かれてケンカを始めた。これこれこうだから作品のお蔵入りなんぞは愚かなだけである、いやいやこういう訳だからやはり回収はやむなしである…といった具合。

 

人間はえてして、結局は感情で判断してるんだけど後付けの理屈でどうにか納得する生き物だ。

だから今回の議論も「引き続き瀧さんが見たいよー!」「自粛いい加減にしろー!」という感情と「何をけしからん!」「犯罪者は許せねーー!」という感情が、それぞれ理屈という剣と鎧をまとってチャンバラをやっているだけのような気がしてきた。

時々目に飛び込んでくる、「これこれこういう理屈で我が陣営の勝利ー!」的な言葉が空しい。ネットでの議論ではしばしば、両陣営からそれぞれに勝利宣言が掲げられる。最近はそういうのもちょっと見飽きた。

 

それはともかく自分の感情はというとただ「今後も瀧さんの活躍見てえなあ」に尽きる。見られなくなる・聴けなくなるのはどうにも寂しい。だからああしろこうしろなんて自分が言っても仕方なくて、ただひたすら寂しさがあるだけだ。

一方でもし、今回捕まったのがあまり好きじゃない芸能人だったら自分の感情は「そのまま引退しろー!」という方向に動いたかも知れないなとも思う。このように本来感情というのは論理的一貫性を持たないものだ。理屈がその先にくっついてるだけ。

だから世の中全体の決定にも、一貫性なんてない。薬物がいかんならなんで電気グルーヴのCDだけ回収されてビートルズのは並んでるんだ…なんて事をブーブー言ったところで何にもならない。今世間の感情がそうなんだから仕方ない。単なる感情が寄せ集まって世論の不条理なうねりになり、それが世の中をズズズと押し動かしている、ただそれだけだ。

 

だったら下手に理屈なんかこねて空しい武装をするより、せめて自分の感情をしっかり自覚し続けてあげた方が正直でいいのかも知れないなあ、と思った。

ああ寂しい。ほんとそれだけ。

 

…といった事を悶々と布団の中で思い続けた頭痛の数日間だった。体調が完全に治るのに、結局水曜日までかかった。明らかに崩れた生活習慣が体調不良を呼んでいるので、もうこういう事が起こらないようどうにかしたい。今日は締切に追われて編集している。

不安ゾンビの日々

さっきツイッターでも書いたけど、今は仙台に移動中。

明日は結婚式で撮影することになっているので、前ノリして会場の下見やら礼服の用意やらをする。

 

ここ最近の日々は正直、あまり元気はつらつとはいかなかった。

まさに編集編集アンド編集、何日も家から一歩も出なかったり、生活リズムがグズグズになって夜から昼まで作業して昼過ぎが就寝時間になったり、まぁひどい生活だった。

 

編集には色んなパターンがあるけど、基本的にはこちらで一旦全部完成させた上で直しがないか確認をしてもらうことが多い。

この、一番最初に確認をしてもらうバージョンのことを「初稿」と呼ぶ。

 

自分は小心者なので、初稿がまだ出来上がっていない映像を1つでも抱えていると不安で胸がモヤモヤする。2つあるとため息が出る。3つ以上あると胃が痛む。

 

素材が壊れたりしていないか、完成までに風邪ひかないか、うまいやり方がどうしても思いつかなくなったりしないか、どこかに恐ろしく手間のかかる所があったりしないか…不安ばかりでどうしようもない。

 

今週やっていたのは、初稿3つに修正3つ。一応締切のピンチはないものの、やはり頭に常に「初稿」がもたげて寝ても覚めても不安なので、寝ても不安なら寝ずにやっちまおうという発想で夜中に作業して日中に気絶するという感じの生活をしばらく送っていた。

よくないフリーランスのお手本だ。

 

トータルの睡眠時間はさほど削ってはいないものの、家から全く出ずに同じ部屋で机と布団を往復しているとなんというか、意識レベルが低くなっていく。あー、とか、うー、とか、ゾンビみたいになっていく。不安に苛まれたゾンビだ。

不安なゾンビが、出前とったりしながら映像編集してる訳だ。自炊する知恵はない。ゾンビなので。

 

昨日までで一応初稿っぽいものは一通り出来上がり、朝日を浴びながら仙台に向かっている今は心がすごく穏やかだ。明日撮影ということは明後日からはまた新たな「初稿」たちが待っているという事だけど、とりあえずそれまでの今この時間は一旦心が休まるという訳だ。

 

もっと余裕の心でものづくりを楽しんでいる人も世にはいるんだろうけど、こればかりは生まれついての性格なのでしょうがない。自分は何かやる度、基本怖がっている。今後もビクビクしたりめんどくさがったりしながらものを作っていくだろう。

 

どんなに不安でも、とりあえず手を動かせば完成しなかった事はないんだから不思議だ。

そういうものなんでしょう、色々と。はい。やっていきましょう。

恵方巻

先日30歳になった。何人かの方からプレゼントを頂いてしまった。ありがとうございます。

これ以上は特に言いたい事もないので、今日の話題にいきたい。

 

さっき電車から降りたら、駅前の総菜屋の店先が明らかにいつもと違う様子だった。パックに入った黒い塊が、何段にも積みあがっていた。恵方巻だ。

「そういえば節分か」と思い、まぁコンビニで買うよりは…と思ってつい買った。Twitterなどで「アルバイトが予約ノルマを押し付けられて自腹買い、そして炎上」みたいな話題をよく目にするので、コンビニの恵方巻に対してはどうにも社会の闇を(勝手に)感じてしまう。

その点お総菜屋なら、分かんないけどそういうのとは無縁な感じがするのでつい買ったのだ。

 

f:id:imaitaro:20190203210358j:image

これが買った恵方巻。パッケージが何ともたまらない。プリミティブでよい。

 

この恵方巻を、つい先ほどリビングで食べた。

同じ部屋にいたルームメイトから「あ、恵方巻」「食べるんすかw」と言われた。

けして「恵方巻www食べるんすかwwwww」みたいな盛り上がりはない。せいぜい「食べるんすかw」だ。だって恵方巻だもの。

 

方位磁石アプリをiPhoneにインストールして、今年の恵方らしい「東北東」を調べた。壁の方だった。こっちかー。しょうがないので、目の前の白い壁を眺めながら恵方巻にかぶりつく。

 

…。

 

前回恵方巻を食べたのは多分実家に住んでいた頃なので、わざわざ自分で買って食べるのはこれが初めてということになる。

なんで今年に限って食べる気になったのか、酢飯を咀嚼しながら考える。コンビニでなくお総菜屋でたまたま見かけたから。バスが来る時間を多少持て余していたから。それともう一つは「自己暗示としての縁起」というものに多少価値を感じはじめたから…だと思う。

なにか試練があった時、頭の片隅で「そうえいば今年は恵方巻食べたじゃない」と思える。根拠のない小さな自信をかき集めたいお年頃だ。

 

…。

 

味に関しては特に感想もない。「総菜屋で太巻きを買って食べたらこんな味だろうな」という味だ。あと寒空の下で売られていたものなのでかなり冷たい。

ちなみにさっきのルームメイトは恵方巻を食べる自分の隣でテレビゲームをしている。

 

…。

 

その形状ゆえについ「そのままズッポリ飲み込み型」で齧っていってしまう。が、無理にそうやって食べ進めていたらいよいよ喉と腹が苦しくなってきてしまった。しゃっくりが出そうだ。一旦休憩して横隔膜を落ち着かせる。

俺何やってんだろう。三十路にもなって。こんな寒いリビングで。人がゲームしてる隣で。一人で。寝ぐせ治んないままで。

 

…。

 

安全策として、両サイドから一口ずつ、無理のないサイズで齧って攻略していくようにした。これなら無難だ。何事もやり進めてみると、自分に合ったコツが見つかる。

そういえば恵方巻は大阪が起源という説があるらしい。「そうそう、商売もコツコツと少しずつ、やで……」と、恵方から関西弁の神様が自分に囁いてくる気がする。知らんけど。

 

…。

 

卵焼きとキュウリと共に残った最後の酢飯のかけらを口に放り、恵方巻の儀は終わった。うーん。

恵方巻を食べる前に飲んでいた、もうすっかり冷たくなったコーヒーの残りを飲み干して、自分の部屋に戻った。夕飯はもう要らないか、さっき一緒に買ってきたイカや大根の煮物を夜食につまめばいいだろう。

 

今晩は割と多くの作業を頑張って進めないといけないので、取りかかる前からちょっと気が重い。

 

「コツコツと少しずつ、やで……」

 

~Fin~

アンテナのワンマン観に行った話

 

1/19は渋谷O-nestのアンテナワンマンを観に行った。

 

中予定のない週末はそうなりがちだけど、夕方日が暮れるまでなかなか布団から起き上がれない日だった。ライブのスタートは18時。

 

15時、15時半、16時…と「まだ起きれない、まだ起きれない」…とやっていたのだが、16時半くらいに「やべえ1曲目観れなくなる」ってなってようやく起きてバタバタ準備して外に出た。

 

渋谷駅に着いた時点で18時くらいだった。走る。走る。

知らないデパートの中を。坂だらけのラブホ街を。走る走る。普段全く運動していないので、たかが数百mの道中で足はもつれて口の中は血の味になった。

 

どうにかしてホールに入ったのが18時10分くらい。ドアをガチャッと開けた瞬間「わぁ…!」という声と大音量のSEが中から溢れてきて、つまりメンバーの登場とピッタリ同時に会場に入れたようだった。

「…び、ビンゴ…10分押し…ヘヘ…」などと、ゼエゼエ言いながらちょっと得意気になった。本当に、早く家を出ればいいのにと自分に思った。

 

 

…くだらない前置きが長くなってしまったけど、ライブはとても良かった。12曲くらいだったか、見事に腹7分目くらいの素敵な1時間だった。

個人的に、ライブはこれくらいが一番いい。めっちゃうまいパスタを控えめボリュームで食べたみたいな、極上の食後感のライブだった。

9か月ぶりの復帰ライブとか関係なく、普通に自分が過去に観たアンテナのライブでぶっちぎりベストだった。特に最近の曲が一番よくて、そのことが更に嬉しい。

ライブが終わって会場から出て行くお客さん達も「いやーよかったー!!」と口々に言っていた。

 

終演後メンバーと顔を合わせる事があったんで、「よかったよ」と伝えてみたんだけど、普段そんな事言わないもんで見事に信用されなかった。

諒くんなどは「タロスはよく処世術で『よかったよ』って言うんです」って周りのスタッフさんにまで言っててコノヤローって思った。ちょっとは信じろや。

 

最近MVが公開された2曲はどちらもすごく好き。

自分の中ではDaft Punkとかがそうなんだけど、エレクトロチックなんだけどリズムがややこしく焦らしてきて、いい意味で物足りない。その物足りなさが曲を引っ張っていて、曲が終わっても物足りないのでまたリピートしたくなる。みんな聴こう。

youtu.be

 

youtu.be

 

 

衝動的40分間

どうも今井です。

 

何気に初めての事なんですが、東京で頂いた撮影の仕事で仙台にやってきました。

現場は仙石線沿いという事で、10年くらい前のあの頃、福田町に住んでいた自分に見張られてる気がしつつも頑張ろうと思います。

 

ついさっき仙台着いたんですが、ここは関東から出張に来たという体で「せっかくなら東北のうまいもんを食って英気を養うか」みたいな感じで飲み屋に入りました。

 

入ったお店は「炙り屋十兵衛 SPAL店」です。

何度か来ているお店ですが、ちょっといいお値段するけど間違いなく美味しいという事で、「出張」にはもってこいかと…。

 

「ふーんじゃあこの、『浦霞』ってのにしてみようかなー」などと誰へ向けるでもない脳内演技をしながら冷酒のもっきりを頼み、刺身や焼き鳥など何点か食べ物を頼みます。

ラストオーダー間近なのもあって、店内はとても静かです。

 

f:id:imaitaro:20190115234228j:image

浦霞のもっきり。はー。

 

f:id:imaitaro:20190115234500j:image

刺し盛り1人前のマグロ。ブリもそうだったけど、美味しい刺身は分厚めが嬉しい。

 

f:id:imaitaro:20190115234634j:image

たら菊の天ぷら(一個食べた後だけど)。ザクッとした衣を齧るとアツアツで旨味濃厚なトロトロが口の中に流れ込んでくる。

 

f:id:imaitaro:20190115234829j:image

一口齧った後だけど、比内地鶏のハツ。臭みは一片もなくてとてもいい香り。

 

 

何日か都内の家に閉じこもって編集モードだったので出発するまでは「移動しんど…」って気分だったんですが、

これで英気を養って明日バリバリにいい画撮れるなら安いもんです。お会計の値段見て(…お。ちょっと頼みすぎたか)って思ったけど。えぇ。

 

すっかり食べログのレビューみたいになっちゃいましたが、とりあえず明日早いんで機材充電して寝ます。じゃ。

サザエさんの話書こうと思ったら表現の自由みたいな話題になってしまった

どうも今井です。

 

12/31から1/6まで実家でゴロゴロor友人と出かけた年末年始でした。

後半風邪引いて寝込んだのは完全に誤算でしたが、まぁ逆に考えれば仕事始まる前でよかった。ギリギリセーフで回復出来たのでよかったです。

 

寝込んでいる間、最近AmazonのPrime Videoで公開された放送初期のサザエさんを観て楽しんでいました。

磯野家含め全員テンションがシラフとは思えないくらい高く、アクションやストーリーは支離滅裂で、とりあえず暴力的かつ下品な展開が続くといういい感じの内容でした。今だったら絶対に地上波で放送出来ない。

特にマスオさんとワカメちゃんが迷い込んだ病院で看護師さんがいきなり「ハイルヒトラー!」と言い出し、実は精神病院だった…というくだりがヤバかったですね。念のため言っておきますが本当ですよ。

 

下品でヤバくて風刺的で笑えるコンテンツって、自分は大好きなんですが他の人にとってはそうでない事もあります。逆に、世間の大多数は好きらしいけど自分はどうにも苦手、そういうコンテンツもあります。まぁ好き好きということです。

 

好き好きで済めばいいのですが、そういえば最近は「表現の自由」という言葉を巡る議論をよく見かけます。こんなものは子供に見せるな、ここに展示するな、とかそういう話にとどまらず、こんな表現物は存在してはいけない、と唱える人も世の中には結構いるみたいです。

 

確かに、割と下品なコンテンツを好む自分から見ても思わず目を覆いたくなるような、ものすごい表現物もこの世にはありますからね。。

だけどそれでも、やはり自分は表現の自由は死守すべきものだと思っています。

 

表現物とかコンテンツというと、「あくまで楽しむためのもの」「商業的なもの」といった事を想像する人が多いと思います。

でも、人々は有史以来、それらがおそらくお金にはならない頃から絶えず表現を続けてきました。それこそ壁画を描いたり、その村独自の神話を作り出して何百年も語り継いだり…。権力者が示威のために作らせるという側面もあったでしょうが、根本的に人間は表現が好きなんでしょう。

 

思うに表現物というものは、私たち人類が認識したもの、理解したものを抽象化してアウトプット→インプットしたいという本能的な欲求を満たすために生まれたものなんじゃないでしょうか。そして、私たちは幼少の頃に昔話やおとぎ話の絵本からはじめたように、コンテンツによって人間や社会を理解している。コンテンツとは、人類による自己理解のアーカイブそのものなのです。大人になると自覚しにくいですが、私たちはコンテンツを通さないとこの世を理解しきれない。

それが親子の絆を表現した映画なのか、背徳的で暗い欲望を描いた絵画なのか、破壊的な衝動を歌った歌なのか、それは様々ですが内容はどうあれ人間の可能性を示す記録である事には変わりありません。

 

「こういう表現はあってもいい」「こういう表現はあっちゃだめ」と論じる人たちが、そういう観点でコンテンツを捉えているようにはあまり思えません。

例えば不倫という行いを法的に禁じることと、コンテンツに不倫を思わせる表現を含んではいけないとすることは根本的に意味が異なる行為です。

古今東西、人は時に不倫をするよね」「それは相手を傷つける悪いことだよね」「でも背徳的だからこそ耽美的に描かれたりもするよね」「一時期ドラマの影響で流行ったよね」こういった理解のアーカイブそのものを、人間社会から抹消する事が人類の前進だとはどうしても思えないのです。

 

表現を巡る議論は、あくまでその文脈やゾーニングといったミスコミュニケーションを減らす方向の議論とか、「実名で悪役として登場させた」といった名誉毀損の話とか、そういうのにとどまるべきでしょう。

「こんな表現が、許されていいわけありません!」はちょっと怖いです。

 

特に今大きな問題は、ゾーニングじゃないでしょうか。「ネットだけでひっそり公開」「深夜放送でひっそり放送」なんてもはや出来なくなりました。見たくない人が見つけて、見たくない人たちに向けて拡散して「これ不快ですよねえ!!」と議論しあってますからね。地獄です。

 

今では大いに問題のありそうな初期のサザエさんが、Prime Videoで公開された事がおおむね歓迎されているのは大きなヒントかも知れません。

昔の作品でもはや歴史的資料だから面白がられているのか、オンデマンドの配信サイトだから見たくない人は見なくて済んでいいのか、単に新しいプラットフォームだからノーチェックなだけで、いずれうるさく言われるようになるのか…。

今後も地味に動向をチェックすると面白いのかも知れません。

 

こんな事書こうとしてたんだっけ。長くなっちゃったけどまぁいいや。さあ仕事しよ。